無料
エロ
動画
nakedcolor Blog 〜 ミニスカートの中はリモコンバイブ
羞恥プレイやアナルプレイが大好きなヒーリング系SM調教師LinzoのプライベートBlog。調教希望を受付中。

漫画にみるサディズムとマゾヒズム

少年ジャンプ世代なので(笑)何気に漫画は比較的よく読んでいた方です。
(いまはあんまり読まなくなりましたけどねぇ)

スポーツものが多いマガジン、冒険ものが多いジャンプって感じですが、どちらか言えば、ジャンプ派で「北斗の拳」や「ドラゴンボール」とか、「ジョジョの不思議な冒険」とかが連載されてた時が一番漫画を夢中になって読んでましたね。

でもその当時は気付かなかったのですが、反芻して考えてみると人気作家の漫画って日常では考えられない「残忍さ」「猟奇的な」描写やストーリが実際とても数多く散りばめられていて、それが漫画なものだからオブラートに包まれているみたいで気付きにくいんですよ。

北斗の拳なんて大量虐殺の描写が随所に見られるし「お前はもう死んでいる」っていう有名なセリフにしたって悪役は壮絶な死に方をしています。

ドラゴンボールにせよ、ベジータが死ぬ時「お前に殺されるなら本望だ」と吾空に言うんですけど、実際に死ぬときにそんなこと言ったりしないでしょ?

どういうわけか人気のある漫画ほど、そういう残忍さが見られるものの、それが巧妙にそうでもないように思えるように出来ています。

そう考えると、そうした残忍さをベースにしたサディズムや、そうした仕打ちでさえ受け入れているマゾヒズムって、だれしもが本能的に持っているものなのかもしれないなぁと・・・ちょっと思います。

きれいな女性が、捕まって捕虜になって、こんなことも、あんなこともとかのストーリーに興奮を覚える男性って普通にいるわけで、そういう人をサディストとは普通は呼ばないのでしょうけど、潜在的なサディズムってそれくらい本能的で、身近なものなのだって言うことなのでは?

そういう願望を形にしたビデオを作っている方がいるんですが、電人さんといって、羞恥プレイのつぼを押させた素晴らしいビデオを作ってます。これはお薦め。




  ↑↑↑
 ランキングに参加してます。よろしければクリックをお願いします。


  1. 2008/06/27(金) 20:21:50|
  2. SMコラム|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:9

SMへの誤解

今時「SM」という言葉は一般化して、誰でも知っている言葉になってい
ますが、SMの本質についての理解となると、一般的にあまり理解されて
おらず、かなり誤解されて世間に喧伝されてると感じます。

その原因は、さまざまな偏った情報が氾濫していることなのでしょうが、
マスコミが記事にする時って、面白おかしくしなきゃいけない原則がある
のと、一般受けすればOKという部分もあって、表面上の過激とも言える
部分のみを取り出し、面白おかしく表現しがちです。

端的に言えば、常識のない人たちの行為として切り捨てている感じかな。

裸体に緊縛を施したり、ローソクを垂らしたり、体を鞭で打ちすえたり、
アナルに浣腸をしたり...SMって確かに表面上はとっても過激。

でもこういう表面上の技巧の部分は、その内なるものを支えるものであっ
ての話で、その本質ではないですよね?

「いじめたい(サディズム)」と「いじめられたい(マゾヒズム)」とい
う人の持つ本質的な気持ちや、アメと鞭の心理学、主従関係における互い
の絆、そうした純愛的とさえ思える部分があって、初めて成り立つとって
も稀有なものなのに...

思うにSMの本質は、心と心のつながりの部分だと思うのですが世間一般
の人たちにそれが伝わる事はほとんどないですよね。

SMが取り上げられている下らないゴシップ記事を目にするたびにちょっと
残念な気持ちになります。




  ↑↑↑
 ランキングに参加してます。
 応援のクリックをお願いします。


  1. 2008/06/12(木) 13:19:54|
  2. SMコラム|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

体育会系的なSM

SMってある意味で体育会系的な所があって、先輩の言うことが絶対で、上
級生が下級生よりも絶対的に偉く、挨拶などの礼儀作法にはじまり、練習
の最中も、たとえば下級生は球拾いとか用具の整備、後片付けは当たり前
で、下級生は上級生には絶対服従な世界なところなんかとてもよく似てい
ると思います。

実際上級生に逆らったり、刃向かえば、罰則(お仕置き?)が与えられる
し、その学校やクラブの仕来たりとかが、多少理不尽であっても、下級生
奴隷みたいなもんで何があっても大きな声で「はい」と言って従ってた
りするんです。

実はLinzoも体育会系だったので、そういうのよく知ってます。ただ実際
に練習のきつさとか皆が共有しているし、他よりか理解しあえている部分
も多分にあって、多少の理不尽さよりも何よりも、目的を同じくしてがむ
しゃらにやってる時の一体感が妙に心地よかったりして、実際嫌いじゃな
かったです。

それと良いのは、ねちっこくないこと。確かにその場では無茶苦茶怒った
り(場合によっては殴ったり蹴ったり?)もあるにはありますけど、スッ
キリしていて後を引かない。そんな中で育ってきたもんだから、社会に出
てから長年の確執がある二人(営業のA部長と総務のB課長は..)とかそ
ういう関係って初めて実際にもあるんだって知ったぐらいです。

M女性の中には昔体育会系に所属してたっていう美女も結構いて、肌感覚
で元体育会系だったからわかったりします。

そんな中の一人が、卓球部で先輩のジャージがなくなったかなんかの事件
が合宿中に起きて、後輩である彼女たちの管理が悪いとかむちゃぶりされ
て、Tシャツにパンツ一丁姿で夜中に全員廊下で正座させられたことがあ
ったんだとか(笑)。それでお前は露出に目覚めたのか?と聞いたら平然と
そうですと答えていました(笑)

体育会系にはその中いないとわからない何か共有感とかがあって、やっ
ていることは多少スマートじゃないところもあり、バカなこともします。

それはSMもある意味同じで、ご主人様とM奴隷の間でしかわからないルー
ルや互いを思いやる絆があって、人とは違う変態的な性癖?を互いに満た
そうとバカやってるわけです。

でも人間バカをやったもん勝ちかなとも最近思うんですよね。
体育会系に所属経験のあるM女性ならわかってくれると思うんですが..



  ↑↑↑
 ランキングに参加してます。よろしければクリックをお願いします。


  1. 2008/05/10(土) 00:43:34|
  2. SMコラム|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

M女性の見分け方

何かと二極化している今日この頃。

美人OLや麗しの主婦も、セックスせずにはいられない「ヌレヌレ系」と、いくつ
になっても処女みたいな新鮮さの「カラカラ系」に分かれてる実感ありません?

と言ってもその本質的な部分はどちらも一緒で、ナルシルティックな自分探し、
いや自己愛が強いのの表れのような気がします。だから男をオモチャにするか、
無視するかの両極に走るのですね。

この両極にいる女性は、自己愛が強いゆえに「自分磨き」は完璧で、見た目にも
隙がなく、いつ会ってもきれいな格好で、メイクも完ぺき。外見ではヌレヌレか
カラカラかが、なかなか見分けがつきにくいんです。

でもメールを通じて出会ったり、直接話をしてみると、案外わかりやすいもの。

ヌレヌレ系は、さすがにセックスの体験が豊富なだけあって、懐が広い(笑)
サバサバしていて、それでいて人懐っこくて、クレバー。わざと意外なギャップ
を演出して見せたり、あとで考えるとさすがだなと思えることも多々ある人が
多いですね。

方やカラカラ系は、コンプレックスに悩む人が案外多く、苦しみを押し隠して
強がっていたり、それが「上から目線」に見られがちな人が多いんですが、実は
そういう人にマゾの資質を多々感じます。

M女性
という種族は、人から認められたい、褒められたい、という気持ちが強そ
うで、でも標準レベルの承認や評価では、まだ物足りなくて、もっと褒められ
たいという欲求が強い女性に多いようだと、自身もM的な資質を持つTさんが
言ってました。

「その為には、努力もしてみるけど、その努力が、世の中必ずしも、
 毎回褒めてもらえるとは限らない。
 努力を誰かが見ていてくれて、評価してくれたら、おそらくその
 人に付き従っていっていまうのではないでしょうか。」

「承認欲求や愛情欲求の段階が強いというのは、古い脳が司る本能な
 のでしょうか。より雌に近いのかもしれませんね。」
 (引用:Tさんのメール)

なるほど、それは確かにあるかもって、うなずくM女性も多いのでは?

そんな気持ちが強くて、物足らない時には、何か自分に「ご褒美」が必要
でもそれがご主人様の施すだったり、だったり、浣腸だったり...
なんてちょっと矛盾してる気もしますけどね(笑)


  1. 2008/03/21(金) 22:37:57|
  2. SMコラム|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

M女性のブログ

M女性の運営しているブログに登場するご主人様象って、やたらと仕事が忙しい
人が多い気もするのは気のせいか?基本M女性の思いが調教していく過程で段々
と強くなりがちで、はじめにあれだけ迫ってきて、調教について熱く語ってい
たのに、段々と冷めた感じに思えてきて、不安が少しづつ芽生える...
なんてのは、よくある話なのかも。

そういうことをブログで愚痴っていると、コメントで優しいアドバイスする人
たちがいるけど、SM自体の経験が少なそうな感じの人が多い。それで記事に、
「ご主人様とけんかした」とか「最近あまりあってくれない」的な発言がある
と、急にコメントに

「このコメントはブログ管理人のみ閲覧できます。」

というのが増えるのが少し笑えますね。ネットだと微妙にリアルに出会う感じ
とはまた別の力学があって、奥ゆかしい日本女性(笑)が思う存分に、思い
を伝えられる分、面倒なカミングアウトしなくていいので楽なのは女性も同じ。
そこをうまく伝えられる女性はやっぱりモテモテ。

その証拠に、女性がご主人様について綴っているブログで、急に主の書き込み
を見ると、軽〜く失恋したみたいで少しむかつく感じ(笑)しますもの。
女性の方はどうなんだろう?

...続きを読む
  1. 2008/02/11(月) 16:33:02|
  2. SMコラム|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

催眠術ショー

先日、お友達の某女性タレントと久々に会って食事をした際のこと、某テレビ局
の深夜帯で「催眠術ショー」のコーナーがあり、それに出演したことがあるとい
う話になったので、色々どんな感じか聞いてみたんです。

「ぶっちゃけやらせとかなんじゃないの?」
「いや、あれはホントよ」
「普通に意識があるんだけど...わかっちゃいるけどやめられない状態かな」

術者の言いなりになってしまって、飲み物の味が変わったり、握った手が離せな
くなったり、手を触られているのに大切なところを触られている感覚になったり
……。なんて色々やられ放題だったのだとか(笑)

考えてみれば、SMの関係も一種の催眠術のようなものだと思います。
普段の生活ではどう考えても出来ないようなことを、「ご主人様」の御命令なら
やってしまう……ある意味M女性はご主人様に催眠術をかけられているようなも
のですものね。言葉攻めも、一種の催眠術のようなものと言えばそうだし...

別の言い方をすれば「限界の壁を乗り越えさせるほどの信頼関係」ということに
なるのだと思います。「痛い」とか「怖い」という先入観を取り除くことさえ出
来れば、普通のセックスでは得られないようなオルガスムスを得ることが出来、
そのナビゲーター役がご主人様ということですかね。

  1. 2007/12/14(金) 21:14:10|
  2. SMコラム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

リスクを感じたことはありますか?

メッセージをくれた女性から、こういうサイトを運営されていてリスクを感じた
ことはありませんか?という質問を受けました。この質問よくされるのでブログ
でも回答しておきたいと思います。

正直このようなサイトを運営する以上、リスクはやはりあると思います。性的な
面で嗜好性のあう女性と出会える半面、予期しないことやトラブルなどとは背中
合わせなところは確かにあるんだろうなと。

それをコントロールする術はあまりないのですが、唯一このサイトを作成する際
に思ったのが、正直ベースであること、それと誠実であること。この2つです。
半分ポリシーではあるのですが半分護身術でもあります。

類は友を呼ぶ」所って色々な面であると思います。自分のことばかり考えてい
ると、おのずとそういう人が寄ってくるところがあったり、嘘で固めるとそうい
う人が、自然と出会いの中に嘘のある人が現れたり...そうしたことが経験則
で、いや本能的な肌感覚で体験してきました。

なのでサイトの怪しい雰囲気にしたくなかったのと、まあ、ご主人様らしく見ら
れなくともそれはそれでいいかなと、割り切って、ポリシーを通した所がありま
す。

その結果なのかどうかはわかりませんが、悪戯とか冷やかしとかはあまりなく、
告白のメッセージをくれる方は、どの方のまじめな方が多くて、不誠実な方とか
、冷やかし半分の方とかは、あまりいませんでした。とても真面目で異性に対し
ても真剣な方が多いような気がします。

それと影の顔のつもりが、何かがきっかけになって表に出てきてしまったらどう
しよう…とか。そういうのも心配の一つには確かにありますが、秘密を洩らすよ
うな方は全くいませんね。


恋愛は甘美な面がある反面で、残酷さも併せ持っていますよね。。SMにしたって
、表裏一体で、満たされる思いでいぱいになれる時もあれば、不安な気持ちに支
配されてしまうことだってあります。

ただ「心配」というのはそれこそ挙げたらきりがありません。でも心配そのもの
は、何の意味もないことと思っており、なるようになれといったところでしょう
か..

あまり自分が自分がと「我」を張らず、相手あってのことと考えて、その身を委
ねる。そんな感じだとうまくいくことが多いように思います。



  1. 2007/07/26(木) 21:22:31|
  2. SMコラム|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

わたしMなんです

「M女」と自称する女性の多くは、案外なんちゃってM女なんだと思いますね。

前回の記事で書いたように、お笑いのネタだったり、ファッションの一つみたい
なとらえ方で、SMについて軽く考えれる空気今はがあるので「M女」というフレ
ーズも場を盛り上げるためのネタとして使っているケースがほとんどなのでは?

少し前までは「つよい女」がブームで、自立していて、男に媚びない、自由を手
に入れた女性、その代名詞としてミリオネーゼなんて言葉も生まれ、そうしたス
テイタスが、憧れの一つとなっている反面、その反動もあったりするのかなと思
います。

だって本当はそんなに強い女性っていないじゃないですか。

ミリオネーゼなんて1000万円以上の年収の女性でしょう。20代の場合、同窓会で
給料についてカミングアウトし合ったら男性を含めたって、クラスに2〜3人しか
いないのでは?それは30代の場合でもさして変わらないと思います。

タレントやモデルのような一見華やかな世界、事業を起こしてミリオネーゼにな
ったり、外資系企業などでキャリアを積んで高収入を得るような、そうしたステ
イタスやブランド感が高い世界というのは、それを維持するのに、相当の努力と
能力が問われ、またそれを求められるものなので、常にプレッシャーとの戦いを
強いられるわけです。

ささいな失敗でも、大事につながることが多いですから、油断が出来ないとか。
また競争も激しいことが多いので、周りからのねたみや嫉妬も多々あって、出る
杭が打たれやすい環境がすでに出来上がっているわけですね。

だから自立した強い女を演じるよっか、「わたしMなんです」といってM女性を
演じる方が、楽だし、男性から守ってもらえるイメージはあるという訳ですね。
なんとなく、尽くす女的なイメージと重なったり、メイドに萌えている男性の層
からも支持を得られたりで、モテ女への道が開けるような気がするのだと思うの
ですがどうですか?

でも実際問題として、周りにさほど守ってくれるような強い男がいるかというと
そうでもなくて、現実は女性の顔色を伺うばかりで、逆に女性に主導権を預けて
しまうペット君だらけ。ネットでM女ということにして誘っても、ろくでもない
返事をくれる男性だらけで、女性のこと分かってくれる人はむしろ稀。

なんか、じれったくて、イライラ...なんて誰でも経験していることかな。
なかなかうまくはいかないものですよね。
  1. 2007/02/08(木) 00:59:33|
  2. SMコラム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

「普通」のSM

一昔前だったらMってどっちだっけ?レベルだった女性のSMについての認識が、
ここ10年位の間に一気に浸透して行ったのは、もちろん団鬼六氏のような巨匠の
存在があって、一部のマニアのものだったものが、徐々に一般的にも認知されて
...ということもあるかもしれません。

でも個人的には、お笑い芸人たちがバラエティー番組の罰ゲームなどでムチで叩
かれたり、ロウソクをたらされたりといったSM的なプレイを自虐的な笑いのネタ
にするようになったのが原因の一つとして大きいと思います。あの伝説のお笑い
番組「たけしのお笑いウルトラクイズ」とか、深夜のバラエティーにはSMネタが
つきものだったりしますしね。

あと映画やドラマなどのセックスのシーンでも、軽くハンカチで縛ったり、目隠
しをしたり、なんていうシーンがよく出てくるようになったと思います。そのき
っかけになったとも言えるのは、村上龍の「トパーズ」あたりじゃないかと思い
ます。あれなんかはSM嬢が主人公ですからね。露骨なシーンのオンパレード。
それを人気作家の小説の映画化ということで当時ファッションや流行の一部とし
て、普通の女性が見に行っていたのって不思議といえば不思議です。

少し軽い感覚で、ファッションやお笑いのネタ的な感じでSMをとらえている感覚
のほうが強いんでしょうね。「普通」のSMという認識なのでしょうか?

それでも本格的なSMプレイにまで手を広げている女性の数は、今も昔もさして変
わっていないと思います。本当のMは、その性癖を決して人には言えないと思う
のです。なので自分の隠れた欲望や性癖に人知れず悩んでいるものです。

それが故に強い背徳感を感じながら、その思いを日々抑えこみながら生活し、時
にその思いを抑えきれず苦慮しているわけですからね。

もしその思いのよき理解者で、その性癖を満たしてくれる存在(=ご主人様)が
現れてくれたら、これほど嬉しいことはないわけで。それはサディストにしたっ
て同じです。
  1. 2007/02/04(日) 12:05:54|
  2. SMコラム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

人妻をマゾ奴隷へと導く

人妻」というと少しSM的なニュアンスがしてしまうのはLinzoだけでしょうか?
調教されてしまう人妻...マゾ奴隷の人妻...淫らな性の欲望に乱れる人妻
...どうですか?

大体において人妻って、子供がいたり、亭主の仕事が忙しかったりで自由に性欲
を満たすわけには行かないのに、恐らくこの世の中で一番性欲が旺盛な人たちで
す。調教を受ける時も、とても貪欲で積極的に自分を解放する人が多いのですが
、特に日々の変化に乏しい専業主婦ほどその傾向は強いですね。

Linzoは初めて調教させていただく方とは事前に何を欲しているのかとか、雑談
の時間の中で探っていくのですが、OLや学生の場合は、内に秘めた思いをうまく
表現できずに、顔を赤らめて前に進めない感じになることも実際多いのですが、
人妻の多くは「メチャクチャにしてほしい」といった意味のことを口にすること
が多く、とても積極的です。

現実として、どんなに魅力的な女性であったとしても、夫にとっては見慣れた顔
・身体(裸)になっていくわけで、自ずとSEXの回数が減っていく...さらに
子供がいれば余計にSEX回数の減少は顕著になってしまう。

それでいて身体は一番熟れている時期なので、性的欲求は日々満たされずに蓄積
されていく。普通の主婦でさえ少なからずその傾向があるというのに、ましてア
ブノーマルな性的な欲望(SMプレイへの欲求など)を抱えたままの女性は尚のこ
とです。

そしてある日我慢の限界に達してネットで行動を起こすんです。でも出会い系は
恐いし、身元不明な男性が好き勝手やっていますから不安。そういう理由でBlog
などを運営しているS男性ということでLinzoに連絡してくる、そういうパターン
が多いみたいですね。

そうした女性は、連絡をしてきた時点である程度の覚悟が出来ているので、いざ
調教となるとかなり弾ける人が多いです。自分のMスイッチはどうやったら入る
のかを自分自身で知っていて、肉体的にも開発されているので、敏感にSEXや調
教による責めに反応することができます。

また、その乱れように素晴らしいものがあって、気持ちが開放されている分、命
令や責めに敏感に感じてくれるので、とても調教のしがいがあるんです。それほ
どの反応をいつも見せてくれ、そして晴れ晴れとした顔で家庭へと帰っていく。
満たされているので心なしか肌つやもよくなって輝いて見える...実にうまく
折り合いをつけてSMと付き合っているという感じです。

もし、SMにずっと興味があって、間違いなくMなんだろうなと自覚しているの
であれば、また長年押さえつけている欲求や願望があるなら、それは開放した方
が精神衛生上もいいですよ。ただし、そこから抜けられなくなってしまうかもし
れませんけど...


  1. 2006/11/12(日) 14:48:43|
  2. SMコラム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
| TOP |
close