無料
エロ
動画
nakedcolor Blog 〜 ミニスカートの中はリモコンバイブ
羞恥プレイやアナルプレイが大好きなヒーリング系SM調教師LinzoのプライベートBlog。調教希望を受付中。

一葉のメール

はがきなどの手紙の数え方は、手紙を書く前と、書いた後で異なります。
書く前は「○○枚」と数え、書いた後は「○○通」と数えます。

意外と知られていないのですが、実は手紙にはもう一つ別の数え方があり
ます。それは「」です。

一葉、二葉という数え方はどういう時に使うかというと、母親からの激励
の手紙とか、大切な友人からの励ましの手紙、愛する人からの心温まる手
紙などを、特別に「○○葉」と数えます。

思わず目頭が熱くなるような、大切な人からの手紙は、掌(てのひら)に
木の葉を包むように大切にして読みますね。そこから来ているそうです。
今だったら木の葉の代わりに携帯電話で、はがきではなくメールですね。

M奴隷
にとって、ご主人さまからのメールは、その一字一句に気持ちを揺
れ動かされるわけですから、どんな些細な内容であっても「一葉」と数え
るべくものでしょう。それによって、

 子宮の奥が熱くなるほど淫らな気持ちになったり...
 被虐感に魂が揺さぶられたり...
 背徳感を感じて一人悩んだり...
 それでもご主人様の期待に応えられるようになりたいと...
 望むならそれがどんなに変態的な行為でも...
 どんなに羞恥的なことであっても...
 覚悟をきめようと決心したり...
 真心をもって奉仕したいと思ったり...

メールってとても大切なコミュニケーションですね。
あなたは何葉のメールをご主人様からもらえましたか?
何葉のメールでそれに応えてます?



  ↑↑↑
 ランキングに参加してます。よろしければクリックをお願いします。


  1. 2008/04/27(日) 23:22:40|
  2. 理想のご主人様|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

主人様の義務

私の前に素っ裸の姿で正座して挨拶をするM奴隷を見て思うのは、ここまで来る
のに、その「女性」は並々ならぬ覚悟と決心をしてきたのだろうなということ
への感謝なので、そのM奴隷を大切にしていきたいと思う気持ちを込めて、その
姿をよく見てあげてることを心がけ、目で犯す(視姦)ぐらいに、こちらも、
それに応えようと思ってます。奴隷である前に一人の女性ですからね。

男性経験にせよSM体験にせよ、人それぞれ様々な過去があり、女性なら本来は
あまりそうした過去を得意げに話す人はあまりいないですし、むしろ消し去り
たい過去ってこともあるので、そうしたこと「野暮なこと」としてこれまでは
あまり聞かないようにしてました。が、この考えはやめました。

調教が薄っぺらくなってしまうからです。

プロフィールにも書いたように、もし逢ったら毎回本気で調教することを約束
し、それで満たされ、癒され、互いに向上する。目指したいのはそういうイメ
ージなので、M奴隷が今までにしてきた経験をしっかりと把握するということ
もご主人様の義務だと思うようになりました。

だから、正直に話すように命令しています。そしてご主人様には知られたくな
いこと、隠しておきたいことなど存在しないことを教えてあげています。
躾の一環として「ご主人様に対して秘密を持つことは許されない」ということ
を心がけさせるようにしています。

多少は人より見抜くのがうまくて、話さずともわかる、というのはあるにはあ
るのですが、でも「すべてお見通し」なんていうことができるのは神様くらい
のものです。どんな些細なことでもご報告することが自然にできるようにさせ
てこそ「支配」が成り立つというもの。

決して人には言えないような辛い経験をした人もいるでしょうし、逆にこんな
こと話したら申し訳ないという気持ちで話しにくい人もいますし、色々ですけ
ど、話してくれたらそれは感謝以外の何物でもないというか、それだけ受け入
れてくれたってことですから、そんな気持ちを持って「よく言えたね。」と
優しくかえしてあげるようにしてます。そういう一言が、M奴隷にとって何にも
換えがたい宝物になってくれれば嬉しいっすね。


  1. 2008/02/22(金) 17:44:20|
  2. 理想のご主人様|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

探り当てるのは結構大変

M女性にとって一番の悩みは「理想のご主人様と出会えない」ってことではない
ですか?

これはS男性にとっても悩みの一つではありますが、Sというのは相手によって
責め方を変えていけるので、さほど深刻でもないやもしれません。

M女性にとって理想のご主人様に出会うということは大問題で、それは何故かと
いうと、理想のご主人様はイコール「自分の性癖を満たしてくれる人」なわけで
、M女性の性癖というのは、それこそ千差万別で、完璧に満たされているという
人は本当に少ないのが現状なんじゃあないかと...そういう理由です。

マゾというのは実際に身体に受ける刺激を快感と感じる人たちなので、馴れてし
まった刺激には物足りなさを感じてしまいます。そうなるとどうしても要求する
ものは徐々にエスカレートしていきます。ある意味、ぎりぎりの部分を要求して
くるのですが、それに応えられるSはそうそう見つからないでしょう。

もっと深刻なのは、『自分の本当の性癖に気付いていない』人たち。

ノーマルなSEXでは全然物足りないんだけど、自分が何を欲しているのか判っ
ていないのです。それが何かを知りたいという相談を頂くこともあります。

本人にとっては切実な悩みですが、それを探り当てるのは結構大変です。
お話をしている中で大体推測できることもありますが、やはり実際にプレイして
みないと判りません。

ナイーブな部分だけに、自分探しの旅も、険しい山道を登っているかのうように
なることもあるでしょうが、登り切ると(理想の相手が見つかると)、それまで
の悩みや精神的な疲れなど、すべて忘れておつりがくるほどの、パラダイスが
待っていることでしょう。




  1. 2007/07/03(火) 20:35:41|
  2. 理想のご主人様|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

女性を幸せにできない男性

最近出会った私が大好きな女性から聞いた話。
「母親との関係性が悪い男性は女性を幸せにできない」

彼女いわく、母親に認めてもらえなくて、愛情が欠乏していたり、何か心の中に
トラウマを抱え、母親への感情や思いに、普通の男性が抱くような愛情を素直に
持てない男性は、やはり心のどこかが壊れているのだとか。

男性は、特に母親に対しては、全くもってピュアな状態で、飾らない本質的な
自分の姿を誰しも見せているわけで、そうした部分を認めてもらえずに傷つき、
愛情を得られなかった男性は往々にして、潜在的に女性に対する嫌悪感を持ち合
わせていたりする。これはかなり納得する法則だと思いました。。

そんなのがサディストになんかなった日には、女性が幸せになれるとは到底思え
ないのですが、そうした男性には、そうした男性に合う女性というものが、自然
と現れたりすることがあるような気もします。

一見全く異質に見える二人でも根の部分で同質なところがあって繋がってしまう
こともよくある話で、不思議と...そうした愛情に欠乏した男性からの、ドラ
スティックで、決して満たされることのない愛情への飢餓感からくる無理な欲求
、命令。立場を誇示しなければ気が済まず、認められたい症候群な男性に、心惹
かれる女性が不思議と現れる..なんて事もよくある話で。

単純に決めつけられはしませんけど、同じように家族の愛情とか、父親からの愛
情に飢えていたりすると、そうした女性にとっては、その男性のアクト、振る舞
いが、形を変えて、「男らしい」「仕事のできる人」...キレモノなんかに最
初見えてしまうことが多い傾向があったり、本質的な部分で感じることだけに、理
屈ではなく、ある意味潜在的な部分で惹かれてしまうことでもあるので、とても
たちが悪いですね。

M女性に限らず、 そうして傷ついて、身動きが取れなくなっている女性の心か
らの叫びは、男性ながらも母性を感じます。優しく癒してあげたいと思います。

  1. 2007/06/09(土) 02:12:39|
  2. 理想のご主人様|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1
| TOP |
close