無料
エロ
動画
nakedcolor Blog 〜 ミニスカートの中はリモコンバイブ
羞恥プレイやアナルプレイが大好きなヒーリング系SM調教師LinzoのプライベートBlog。調教希望を受付中。

どっち側歩きます?

この前歩くときにどっち側で歩くかという話になって、Linzoは大抵左側が多い
のですが、同じく左側を歩きたいというM女性も以外にいるもんです。

実は左利きなので、利き手を何かあった時に対処できるようにしておきたいとい
う深層心理と、あと女性を車から守ってあげたほうがよいということで、そうし
ているんですが、無意識に左側歩いていることが多いですね。

M女性の中には、わざわざどちら側を歩けばよいですか?なんて聞いてくる人も
なかにはいますが、奴隷のポジションというものを心得ている立派な方だと思い
ました。。。

「なんとなく」ではなく、どちら側にいればいいのかを気遣う気持ち。
それが奴隷としての心遣いの一つだと思うんです。ご主人様に対して奴隷が常に
どうしたらいいのか、どうするべきなのか、そういう意識を持って接してくれる
ことって男性としても嬉しいもんです。

あんまりたいしたことではないのですけど、そんな何気ないことでも、心構え
や、態度で服従の度合いがわかったりします。



  1. 2008/02/27(水) 23:51:01|
  2. 淑女の心得|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

モテる方法はほとんど嘘

本屋に行くと女性向けコラムは「モテ関連」がキーワードのようで、愛されるた
めのノウハウ満載本が所狭しとラックに並んでいるのを見かける。女性誌もまた
しかりで、「CamCam」やティーン誌などは特に露骨に(さりげなく「an・an」とか
もかな)「モテ○○」な記事で埋め尽くされてる感じ。

でも男性の立場で言うなら、ほとんど嘘っぽいと思ってしまいます。
女性にしても、もういいかげん疲れたよって言うのが本音な気もしますが、わか
っちゃぁいるけどやめられないのも本音なんでしょうか?

女性誌が本質的に間違っているなぁと思うのは、男女の違いを全く計算に入れて
いないということでしょうか。性差マーケティングというのを昔習ったことが
あるのですが、男女の性質の違いをある程度分かんないと、勘違いしてしまうか
もしれませんね。

女性って表面的な部分、見た目的なところに目が行きがちなんでしょうかね。
スタイリッシュや外見のセクシーさとかで「モテ」を演出しがちかな。

でも、いっくら外見をディテールまで演出したところで、そんなのに気づくのっ
てファッションチェックで有名なおすぎとか、ファッション激辛批評でおなじみ
ドン小西ぐらいなもんで(笑)たいていの男は気付かないで、右から左に流し
てるんです。

男の本音で言わせてもらえば「包容力」「母性的な」そんな部分、内面を見せて
献身的に尽くしてくれたら、ころっと逝ってしまうのに(笑)

ツンデレとか言ってみれば小悪魔的な女を演出したりが女性は好きなみたい
ですね。(男に媚を売らない、主導権は私が握る、自分を安く売りたくない..
というプライドを女性誌の記事読んでるとうまく擽ってるかな)

だけど、そんな駆け引きしてくる女性って疲れるだけで、遊びでは刺激的で
いいけど、本気では安らぎを求めるだろうから「母性」女が勝つ。
本命を落としたかったら肝に命ずるべし。

  1. 2008/02/19(火) 22:40:29|
  2. 淑女の心得|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

自信を持つこと。但し自惚れないこと。

「子供は親よりあとから生まれるんだから、親より絶対優秀。
 だから、子供を育てようなんて思っちゃいけない。
 子供が親を育ててくれるのだから。」

こんな話をどこかで聞いたことがありますが、これってご主人様とマゾ奴隷との
関係にも当てはまるかもしれません。実はマゾ奴隷の方が感性も豊かで優秀なん
だと...

一つ言えるのは自惚れないこと。

それはご主人様の側も奴隷の側にも言えることですが、自惚れていては相手の気
持ちの本心はわからないものですし、自己満足に陥り、決して絆ある関係にはな
り得ないでしょう。

それと2人に発展性がないんですよね。
今よりももっとこうしようとか、こうしてあげたいと思う気持ちは、何も仕事に
限らないことで、恋愛だって、SM調教にだってあるわけで、そうした前に進んで
いる伸び目のある状態って、何にせよ輝いているというか、気持が満たされて、
充足感が得られますよね。

それともう一つ言えるのは自信を持つこと。

自惚れている人と同じぐらいに、自信がなくて、ただ漂っている人がいます。
自信のない人って自分のことでいっぱいいっぱいで、相手のこととかに気を配る
余裕がないのか、自分のことしか考えられないってパターンが多く見受けられま
す。

Linzoのまわりは、ここの所どうも後ろ向きの人や自分中心の人が多くて...
少し苦労しています。類は友を呼ぶといいますから、自分にもそういう素が
あったと同時に反省もしますが...

いろんな意味で、自分を見失っていない人は稀有な存在ですけど、こういう人が
ふと見せる弱い部分に萌えるってあったりします。理性ではそんな理屈は熟知し
ていても性癖や性欲の処理だけはどうにもならないのが人間の性(サガ)という
ものですしね。



  1. 2007/11/04(日) 23:28:33|
  2. 淑女の心得|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

どんな女性がモテルのか

ところで最近思うのですが、女性がカワイイ、キレイ、ステキと称賛する女性は
男関係では大していい思いをしておらず、多少チヤホヤされたとしても、深い所
で大切にしてもらえないジレンマを抱えてたり...結構多いと思いませんか?

男と女は着眼点そのものがまったく違うので、女の考える美人と、男が考える美
人は、当然ながら違うのに、女は頑張って「自分で考える美人」になる努力を続
けて、それで本当の目的本当の目的しくて、イイ女、カワイイと思われること)
からはどんどん遠くなってしまっている...

その一方で、女友達の中ではさほど目立たずにいるのに、男たちに深いところで
大切にされていて、しかも天然で、自然に愛されて、幸せをつかめる女がいる。

マーフィーの法則ではないのですが、力を入れれば入れるほど逃げていくという
か、そういう向上心のある女性に限って、恋愛ではいつも失敗ばかりとか。

じゃあ、どんな女性がモテルのかっていうと、思うに「いかに隙を見せるか?」
にあるような気がします。たぶんこれがポイントですね。

って言っても意味がわかりにくいですよね。
これを思ったのはなんかの雑誌の特集で「あなたの萌えポイントは?」みたいな
記事があったのですが、たとえば、いつも完璧なキャリア系のオネエ様があくび
をかみ殺して眼尻に涙をためている様とか、一人ぼんやりと天井を見つめて物思
いにふけっている様とか、ポッキーを口にくわえてパソコンに向かっている姿と
か...およそ女性が考えている「美」とはかけ離れた、間違っても「アイライ
ンもつけまつ毛もバッチリのつぶらな瞳」なんていう答えは一つもなかったかと
記憶しています。

何気ない女性の隙にドキッとして、情があふれる、というのが男性心理として、
「イイ女、可愛い女」に見えて、感じる一番のポイントなのではないか?これは
結構ツボをついた話でしょ?思わずS男性が調教したくM女性も、こういうタイプ
の女性かな。

完璧では決してなく、むしろ隙だらけ、そういう天然娘がまわりで結構もてて
いるのを見ますよね。

あと意外性についても「萌え」のポイントはあるわけで、普段完璧な感じで、
ひたむきで、隙がないようにふるまっていて、二人になって、その空間でだけ
隙を作ってくれる女性とか、はじめはそうした所を一切見せないのに、親しく
なるにつれ、実は天然ボケだったとかね。

アイラインを飾らない。男を惹きつけるためのセクシーな衣服を着ない。
駆け引きをしない。つっぱって見せたりしない。物分かりがいい大人の女性も
演じない。思わせぶりな態度もしない。クールビューティーも目指さない。

大好きな男を前にして、また調教してもらっているご主人様を前にして、こう
した素の自分を出すという大胆な変身をすることは、とても勇気がいることで
すよね。でもその潔さ、その先にあるのが、本当の幸せってやつなのだと。

ということであんまり肩ひじ張らず、自然体でありのまま。
Linzoのブログのコンセプトそのままが、実は「モテルための秘訣」だった。
今日はそういうお話でした。


  1. 2007/03/02(金) 22:00:46|
  2. 淑女の心得|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

飾らない自然な感じ

究極的に言えば、男だから男らしくとか、女性だから女性らしくとか、そうい
う決まりごとに縛られているうちは、本当の意味でエクスタシーは得られよう
もないのかもしれません。

イクってことはそうした表の顔や制度に縛られているところから開放された、
自由な欲望のままに、自らを解き放つことが出来るとき、無防備なハダカの姿
になれる時、初めて得られるものだとカリスマAV監督の代々木忠氏が著書の
中でそう主張していました。(結構この本は感銘を受けたですね。)

私の前では「〜であるべき」というルールはあまりないように、また対面的な
ことにとらわれないですむようにしてあげたいと思っています。まずは自分を
許してあげようよ、ということです。それでなくては、相手を許してあげよう
よという気持ちにはなかなかなれますまい..。

そういう緩やかな優しい気持ちで包まれたら、段々と自分の中の本音やこうし
たいって言う自然な気持ちが出しやすくなってきます。

互いの気持ちがわかってきたら、段々とHモードに突入ということで、私自身
も、M女性をいじめるのが大好きなサディストの顔に変わっていきます。



...続きを読む
  1. 2006/10/14(土) 21:47:17|
  2. 淑女の心得|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

後で考えると恥ずかしい?

それにしてもSMプレイって、鞭や蝋燭で責められたり、裸体を縄で縛られ
たり、浣腸されてしまったり、恥ずかしい姿を露出したり...よくよく
と考える と確かにこれって変態的な行為です。

でもプレイしているときは夢中になっていて、本能的にアブノーマルな責
めでさえ受入れてしまうというMの子も、プレイが終わった後に食事をし
たりお酒でも飲みながら話をすると「何であんなことしたのかしら。恥ず
かしいよ。」って顔を赤らめながら言います。

やはり「理性」で考えたら、とても恥ずかしいことしているという自覚が
あるわけで、少しだけ背徳感を感じるのが普通です。でもそれが「官能
のスイッチにもなっていて、子宮の奥から感じる熱いものが、性の快楽の
後押しをするのもまた事実...

それでも確実にセックスの快楽以上と言われるこのSMの快楽ってなんで
しょう?それはその人が本来隠し持っているのに、一般常識に捕らわれて
なかなか開放できなかった本能を開放することに答えがあるように思いま
す。開放する方法が一般に変態的といわれる行為なだけで...。

にもかかわらず背徳感にさいなまれたり、時に自己嫌悪に陥ったり...
そうした狭間で揺れ動くから、M女性に葛藤が生まれます。葛藤をしても
、それが自己嫌悪とか悪い方向に行ってしまったら、かわいそうなので、
そうならないようにプレイ以外でも、納得があって、不安に思わないでい
られるようにケアするのがパートナーとしての務めなのかもしれません。

気持ちの問題が整理できて、不安が解消できて、初めて安心して心を開く
ことができるわけで、その先にセックスでは決して味わうことが出来ない
であろう快楽があるのでしょうね。

極めてこのシンプルなことですが、難しい人と本能的にできてしまう人の
2通りがいます。

見分け方は簡単で「どんな男性のタイプがすき?」と女性に聞く。外見と
か、年収とか、職業とか、言ってみれば「条件」を重視して答える人は
イッたことがなかったり、良いも悪いもキレイなセックスしかしていない
場合が多ようです。

それに対して、好きになった人がタイプとか、そういう答えをする女性は
、性の本当の悦びを受け入れやすい体質の人だと思います。あくまでも傾
向としてですが、あなたはどちら?


  1. 2006/10/07(土) 00:56:06|
  2. 淑女の心得|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
| TOP |
close