無料
エロ
動画
nakedcolor Blog 〜 ミニスカートの中はリモコンバイブ
羞恥プレイやアナルプレイが大好きなヒーリング系SM調教師LinzoのプライベートBlog。調教希望を受付中。

不思議な矛盾

nakedcolorにメールをくれる方は、やはり多かれ少なかれプレッシャーやストレ
スを抱えて生きている人が多く、それ故にSM性が芽生えたり、刺激や変化を求
めたりするのだろうか...そうしたことが行間から感じられるケースが多いよ
うに思います。

そうした女性と実際に会うと、普通の素敵な女性だし、なぜこの人がMなんだろ
うと首を傾げたくなるケースも多かったりしました。女性の心の中というのは、
なかなか外見からは判断できないものですね。


よくあるケースとしては、以前お付き合いした男性がSで、そういうプレイを強
要され、そのときはイヤで仕方がなかったけど、実は自分はMでそれを渇望して
いることに気が付いた...

そういうこともよく話しとして挙がるのですが、それよりも前のルーツを紐解い
ていくと、これも意外と多いのが強い虐待やいじめを受けた経験が「M性を開花
させている」という不思議な矛盾です。

実際に綺麗だし異性にももてる容姿の持ち主が、そうしたことに同姓の嫉妬を買
い、虐めに会い、男性の前でスカートをわざと捲られたり、そんなはずかしめを
同姓から受けてしまう破目に...そのときの羞恥が不思議と忘れられなくて、
一人Hの時に思い浮かべるのはいつもそのこと...

体育会系で上下関係が厳しい中で思春期を過ごし、先輩のイジメにも耐え、そう
した傷も心の奥にしまっておいたけど、不思議とそうした厳しさで、接してくる
男性に弱くて、たまたまSだったその人についていく破目に...

色んなパターンがあるもんです。実に色々な経験を経て、nakedcolorにたどり着
いたという感じです。実際そういう人が殆どですからね。とか言っているLinzo
も色々な回り道をしていたりするので、結局のところ出会う人とは同質で、何か
しらの「」であったり、何か「波長」のようなものが合うからこそ、出会うのでは
ないか?そうした実感が少しあります。

  1. 2006/12/26(火) 01:24:19|
  2. SMの心理学|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

SMホテル「アルファイン」

有名な麻布アルファインというSMホテルにこの前行った時のこと。
壁が薄いせいか、女性の悲鳴やらあえぎ声が聞こえる聞こえる..
こっちも夢中になっているときは聞こえないのですが、終わって一
服していると、回りから凄い聞こえるので、Sのスイッチ、Mのスイ
ッチが非常に入りやすい場所です。

以前は露出プレイ(羞恥プレイ)をさせられているのか、エレベー
タの前に素っ裸で正座させられている女性をよく見かけるという声
も多かったそうですが、最近はそれあまりやらないでくれってこと
になってるみたいですね。(当たり前か..)

麻布アルファインは料金が高いけど、確かに都内で唯一だし(もう
一つぐらいあったかもしれませんが、どこだかわからないです。知
っている人いたら教えてください。)、たまには行かないと自分が
Sだって言う実感がわかないという気がしています。S男性にとって
パワースポット的な場所のひとつですね。あそこは。

  1. 2006/12/23(土) 00:18:29|
  2. デートスポット|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

逝くことができない女性

セックスで逝ったことがない。」そんな相談を受けることがたまにあります。
原因も対処法も人それぞれなんだと思いますが、聞いていて一番多いのは、
男の勘違いなセックスというケースでアダルトビデオの見過ぎとしか言いようが
ないプレイ(笑)

それは間違いなく自分勝手なセックスで、それに白けてしまって、セックスって
こんなもの...そう思い込んでしまっている女性が案外多いのですね。

AVは魅せるためのセックスを展開しますからね。感じることとはまた違った...
もちろん女性が望んでる事とは月ほどもかけ離れています。

もちろんそうでないケースもあるんです。そういう場合は、一度ならずとも何度
もじっくりと話を聞いてみたり、してみたり。それが一番の気がしています。

そこで今までのセックスの経験とか、その女性の秘めたる願望などを聞きつつ、
受け入れ、その事実を肯定すること。こうしたことがまずないと、足元がぐらつ
くので、物事って好転していかない気がしています。話を聞くというのは本当に
大切なことで、それだけで精神的に楽になったりする女性も多くいます。じっく
りと話す
ことでお互い信頼感も生まれて来ますしね。

その後セックスをすれば、相談者の女性の願望を最大限取り入れたプレイになる
ので、最初逝かずとも、慣れてきてリラックスさえできれば、後々で逝くことが
できるようになることが多いです。まあ正解を聞いた上でその通りやっているの
で、当たり前といえば当たり前なんですが...

でも初めてでいきなり逝くというのは、ある程度時間をかけないと難しいと思い
ますね。じっくりと腰をすえないと無理な話で、ラブホの休憩時間でけりがつく
ような、そんな単純な話ではないから深刻に相談に来ているわけですからね。

スローセックスという言葉がありますけど、あれけっこうLinzoは好きなんです
が、動かさないで、一体になって、互いの肌の感触を確かめ合ったり、匂いや
鼓動の動きを聞きあったり...

激しく責めるプレイも当然Sなのでしますけど、それとのメリハリっていうので
しょうか、少しじれるぐらいのスローなセックスをしたりもいいもんです。ワザ
と逝かないようにして、いつもより長く勃起状態で挿入したまま抱き合ってるよ
うにして...

これまで逝ったことがないという女性にとって、逝くと言うことはそれだけで、
道の領域なわけで、不安が多く、逝ったら自分がどうかなってしまうかもしれな
いという恐怖が潜在意識の中にあるように思います。なので、そうやってあえて
「逝かないように」そして、じっくり、というのが逆に逝くため近道だったりす
る気がします。

兵士が「今日は死ぬにはいい日だ」というキーワードを口ずさみ戦場に赴くと、
不思議と生還して帰ってくるんだとか。それはつまり「死」を覚悟して初めて見
出す「生」がある、ということなんだと思います。大変不謹慎ながら、そのこと
はセックスにも応用できるように思う今日この頃。




  1. 2006/12/22(金) 01:09:25|
  2. 調教ポリシー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

かわらないもの

記事の更新が大変間があいてしまい、申し訳ございません。
12月は確かに仕事が大変忙しくなる時期ではあるのですが、ブログぐらいは更新
しないといけないと思いつつ、今日になってしまいました。

にもかかわらず投稿写真掲示板に実際に投稿してくれた方がいたのがとても
嬉しかったです。本当にありがとうございます。


青山にある「カレー麺実之和というお店に入ると、1970年代から80年代の雑誌
や漫画が置いてあるのですが、特に雑誌を見るとその時代の空気が感じられて面
白いものがあります。

男性誌に載る女性は微笑んでいて、可愛い路線、少し不安そうな視線とか、まあ
今のグラビアと対して変わらない感じ。それに対して女性誌に載る女性は殆どが
外国人で、例えばanan等では占められており「男に媚は売らないわ」「自立した
大人の女」っていう雰囲気を滲ませて、少し生意気そうな視線を投げかけて..

でもファッション自体は笑ってしまうというか、当時はこれを見本にお洒落をし
ていたのかぁと思うと少し笑ってしまうものが...

そうした時代で変わっていく刹那は、雑誌を見ていて痛いほど目に飛び込んでき
たというか、もう消えてしまっているタレントも多く、こんな人いたなあとか、
こんな電化製品あったなぁとか。「無常」を感じました。

それでも変わらないことってなんだろう?

と、ふと思ったのは女性が強そうなところかもしれません。その頃の女性誌を見
ても、女性は強そうにふるまっているように見えました。でも実際はどうでしょ
うね。

最近女性が強くなったと言われますが、僕はそうは思いません。強く見せていな
ければ生きていけないほどの不安感や恐怖感を、男性に対して抱いているのでは
ないか?逆説的かもしれませんが、だから女性は強くなっていく...なんとな
くですけど、そう思っています。

一見強そうに装ったところで、本質的なところはなんら変わるわけもなく、
女性は男性よりも何倍も傷つきやすくナイーブで、そして何よりも臆病

毎年どこかの雑誌で繰り返されるアンケートで「どんな男性が好きですか?」
そんな問いの上位には必ずこんな答えが顔を見せていますよね。

「優しい人」

その当時の雑誌を見てもそうでした。この傾向は何十年も変わっていないのです
ね。多分この先もずっと同じような答えが上位を占めているはずです。

時代が変われど、女性の本質は変わっていないのだから。
やっぱり優しくて、多少お人よしで騙されてしまうぐらい、あの人と喧嘩しても
全然喧嘩にならないぐらい温厚なこと、これって大切な資質だと思うんです。

  1. 2006/12/18(月) 22:44:41|
  2. SMの心理学|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

愛奴ヌードの投稿願望

恵比寿ガーデンプレイスの脇に「俺のハンバーグ山本」という洋食屋さんがある
んですが、なかなか骨のある味を醸し出しており、かなりお気に入りのお店の一
つです。お店が狭いのと喫煙OKなのがマイナス材料ではありますけど...

もう街はクリスマス色に染まりつつありますね。

投稿系サイトや投稿誌の中には、自分のM奴隷をクリスマスキャンドルで飾りな
がら緊縛..なんていうのを見かける季節でもあります(笑)Linzoはどうもそ
こまで芸術肌ではないので出来ないんですが、投稿誌などに自分の愛奴のヌード
を投稿するってことにはちょっとだけ興味あったりします。




...続きを読む
  1. 2006/12/05(火) 22:57:41|
  2. 仮面の告白|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

なぜSMなのかというと...

M女性の中には、妄想好きで、それゆえに非常にM願望が強いというパターンが
結構あるように思います。コッソリSM小説やレディース系エロマンガを読んで
は、陵辱される奴隷主人公に自分を重ねてしまい、ついついそのまま淫らな妄想
を広げては秘密のオナニーをしてしまう...

知る限り女性はほぼ100%オナニーをしているけど、そうしたいわゆる妄想好き
な変態女は、普通にするオナニーでさえ、かなりの背徳感を感じながらしている
ことが多く、その事実でさえ認めようとしない人も案外いたりします。

でもそうした女性は、実際に調教を受けた経験はなくとも、これまでに読んでき
たマニア小説の影響でかなりイメージが出来上がってるので、とても感度が高い
というか、特に言葉攻めや目隠しをしたり鏡の前でのイメージプレイにとても敏
感に反応して陰部を濡らしてくれます。

実際のプレイはというと、ゴムで伸びるタイプの赤い縄(伸びる拘束感がやや弱
まって初心者によい)、それにローターかバイブを使う程度の実にシンプルなも
のだけで進めて行きます。

調教に際しては、部屋を薄明かりなどにしてムードを作って、癒されるような優
しい言葉責めから入っていくと、Mスイッチがオンになりやすいです。(初めて
プレイするときなどは特にムードが肝心)

軽い縛りで身動きできないように拘束され、何をされても抗えない状態にされる
と、被虐願望の強い妄想系M女の体はどんどん感度が上がって淫らになってきて
、慎ましく閉じていた両足が徐々にだらしなく開いてきて、身も心もノーガード
状態へ突入。

顔を覗き込んでみると、普段より随分と幼く従順な表情を浮かべるようになって
くるのですが、それがとても愛おしく思えてならないです。実際その表情や反応
を見るためにSMをやっているのかなとも思いますね。


  1. 2006/12/02(土) 07:55:31|
  2. SM調教の道具|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1
| TOP |
close