無料
エロ
動画
nakedcolor Blog 〜 ミニスカートの中はリモコンバイブ
羞恥プレイやアナルプレイが大好きなヒーリング系SM調教師LinzoのプライベートBlog。調教希望を受付中。

しっかり受け止めます

最近いいなと思ったテレビCMはある転職サービス会社のCMで、ビルとビルの
間を、空中ブランコで飛び出していく男性(転職者)を、見事にしっかりとエー
ジェントの女性が受け止めて、転職先のビルに解き放っていくというもの。

見知らぬ世界へ飛び出していく恐れや不安、新しい生活に向けて一歩足を踏み出
していく不確かさや戸惑いなどの、転職者の感情を理解していることに、すばら
しさがあると思いました。そのCMのキャッチコピーをSM風にアレンジするな
らばこうなります。(関係者の方御免なさい)

「M奴隷として調教されることを決断するには勇気がいります。
 でもあなたが決断したなら、私は一対一でしっかり受け止めます。」

M女性が初めて、ご主人様に身をゆだねる時も「空中ブランコ」と同じ感覚
のときがあるのでしょうか?そんな理解を持ってがっちりと受け止めてくれる
ご主人様がいたのなら、それはM女性にとって、というよりも女性だったら
誰もが思う願望?ですよね。


  1. 2007/06/26(火) 01:26:43|
  2. 調教ポリシー|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

萌えるポイントは?

最近は下着のラインがスカートの上から浮き出さないようにという
ことで、Tバックショーツを身につけるのってかなり一般的になっ
ていて、それはそれでお尻フェチを自認するLinzoにとっては嬉し
いことではります。

あるのですが、なんか普通のTバックってあんまりHな感じがしな
くて少し物足りないです。例えばお尻の部分が全部紐とか、そうい
うのだったらいいんですけどね。それとそれを身につけることに恥
じらいがあんまりないのもなんか物足りなさがあるもう一つの原因
かもしれないです。

思い出に残っている女性の一人に、初めてのセックスのときに黒い
下着だったことだけで、もじもじとして恥ずかしがっていたその姿
に萌えた覚えがあって..そんな風に恥ずかしがられると、余計に
見たくなってしまう。そういうのが男の性というもの。

LISE CHARMEL(リズシャンメル)みたいな高級下着も萌えるアイ
テムの一つで、見えそうで見えなかったり、シースルーだったり
して、うっすらと見えるのか見えないのか微妙な感じ。それが
かっこいいセクシーさで、そういうのにくらっとくるので、ぜひ
挑発してもらいたいものです..どなたか(笑)

そしてポーズでいえば、いわゆる女豹のポーズというやつですか。
四つん這いになって、お尻を大きく突き出したあのスタイルにぐっ
と来てしまったり、無防備に足が開いてショーツが見えて(わざと
ではなくて、あくまでも自然に)しまっているのとか、そういうの
にフェチズムを感じます。ほんとスケベなオヤジですね。
自分でもそう思います(笑)

  1. 2007/06/21(木) 20:11:11|
  2. 仮面の告白|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

私の中のM的な要素(後半)

フェラが好きな彼女の愛情のお陰で、当時有り余っていた性欲(笑)を満たして
もらい、男性として、とても幸せな日々を送れていたわけなのですが、同時に
おぼろげなる「不安」もあったんです。

それは彼女の私に対する「依存」です。
フェラが好きで、男性のおちんちんを、舐めたり加えたりしたくて仕方がない
という、フェラチオ依存症という種類の女性が少なからずいるというのを知った
のは、ずいぶんも後のことなのですが、彼女はまさしくその種類の女性でした。

愛情に飢えていて、満たされない。あるいは満たされなかった。
そういう潜在意識が形を変えて、男性のシンボルであるペニスに対して、
普通よりも執着をもつ。というのが心理学的な見解みたいです。

当時の彼女は、家庭が少し荒れていて、両親が離婚寸前、姉がいたのですが、
仲が悪く、冷たい関係に家族がなっていたみたいです。私の方は、決して厳格
というほどではないにせよ、両親は厳しい方でしたから、そうした束縛から逃
れて、やっと念願の一人暮らしができ、自由に飢えていた所と、生まれて初め
ての一人暮らし寂しさが重なっていて、漠然とした不安感があったんです。

一見幸せに思えた恋愛も、実は「寂しさへの不安」が、彼女との共通項で、
互いに依存し合っていたのですね。それがおぼろげなる「不安」の正体でした。

あるバランスの中で、互いの弱いところを支えあって、真心を持って相手に
尽すというであれば、建設的ですし、良い恋愛の姿だと思うのです。

ですが、段々と彼女の愛情不足や依存の度合いが増してきて、半分家出みたい
にして、1週間ぐらい私の部屋に転がり込んできたり、少し連絡が途絶えると
(当時は携帯もないので、家の留守電が唯一の連絡手段)、留守番電話に、
鬼のような数のメッセージが...なんてことが重なって、気持ちが段々と
相手に対して向かなくなってしまったのですね。バランスを欠いた状態に
陥ってしまいました。

私にも責任があって、あまり器用ではなく、気持ちを素直に表せない方でした
から、本当に愛しているのか不安にさせてしまったようにも思います。それと
彼女との生活も大切ですが、当時やっていたテニスでもっとうまくなって、
試合で勝ちたいとか、将来こうなりたいという夢とか、そういうことにも時間
が欲しかったので、少しイライラしてしまい、冷たく当たってしまったこと
もあったんです。

怒ったりして、よいことは全くないですね。また女性を傷つけてよいことなど
何にもないです。そうして関係が、あまり良くなくなってしまって...
最後は別れることになってしまいました。

当時の私は器があまりにも小さく、彼女を受け入れるだけの男としての度量も
乏しく...なんでもっと支えてあげられなかったのだろうと、多々後悔を
したものです。

今にしてみればよい思い出なのですが...


  1. 2007/06/16(土) 00:35:42|
  2. 仮面の告白|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

私の中のM的な要素(前半)

最近ブログをよく読んでくれた方からLinzoさんはSというよりもMなのでは?
という指摘を受けたのですが、確かに純粋なサディストというわけではなく、
M的な部分も持ち合わせている気もします。

そんなものかなと思いつつ、反芻してみると、大学生の頃にお付き合いしていた
彼女のことを思い出しました。(nakedcolorホームページのSM観で書いた女性
とはまた別の女性です。)

そうですね2年半ぐらい付き合っていて、その当時は一人暮らしだったので、
ほぼ同棲しているようなもので、かなり熱く、深い付き合いでしたね。別れの時
に思わず涙があふれた位の女性です。

その彼女が実は、今にして思えばですが「フェラチオ依存症」だったのですね。
セックスの際には、自分が少し愛撫をされたり、乳首を軽くつままれたり舐めら
れたりするだけで、官能のスイッチが入ります。スイッチが入った後の彼女は、
こちらが逝ってしまうほどの濃密なフェラで、せめてきて、いつまでも続けて
くれました。

また一緒に映画館に行ったときに、あそこをいきなり触ってきて、フェラをし始
めたりとか...痴女系のプレイで責められていた時があったんですね。恥ずか
しかったんですが、スリルがあって気持ちもよくて..

フェラと同時にアナルも同時になめて貰ったり、時に穴の周りだけでなく、穴の
中をまさぐるように舐められたり...愛情たっぷりに濃密にせめられていたん
です。思わず声が出てしまうぐらいに(笑)

世話好きで、部屋を奇麗にしてくれて、至れり尽くせりという感じで、容姿も
よくて(その当時1月に1〜2回のペースで別の男性から告白されてましたね)...
なんかこう書いてて恥ずかしいのですが、かなり幸せな日々でした。

それが、恐らく責められて感じるということへの理解の原点かなぁと。
ただ、そうそういいことばかりでもなくて...


その続きは次回に。


  1. 2007/06/12(火) 22:08:54|
  2. 仮面の告白|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

女性を幸せにできない男性

最近出会った私が大好きな女性から聞いた話。
「母親との関係性が悪い男性は女性を幸せにできない」

彼女いわく、母親に認めてもらえなくて、愛情が欠乏していたり、何か心の中に
トラウマを抱え、母親への感情や思いに、普通の男性が抱くような愛情を素直に
持てない男性は、やはり心のどこかが壊れているのだとか。

男性は、特に母親に対しては、全くもってピュアな状態で、飾らない本質的な
自分の姿を誰しも見せているわけで、そうした部分を認めてもらえずに傷つき、
愛情を得られなかった男性は往々にして、潜在的に女性に対する嫌悪感を持ち合
わせていたりする。これはかなり納得する法則だと思いました。。

そんなのがサディストになんかなった日には、女性が幸せになれるとは到底思え
ないのですが、そうした男性には、そうした男性に合う女性というものが、自然
と現れたりすることがあるような気もします。

一見全く異質に見える二人でも根の部分で同質なところがあって繋がってしまう
こともよくある話で、不思議と...そうした愛情に欠乏した男性からの、ドラ
スティックで、決して満たされることのない愛情への飢餓感からくる無理な欲求
、命令。立場を誇示しなければ気が済まず、認められたい症候群な男性に、心惹
かれる女性が不思議と現れる..なんて事もよくある話で。

単純に決めつけられはしませんけど、同じように家族の愛情とか、父親からの愛
情に飢えていたりすると、そうした女性にとっては、その男性のアクト、振る舞
いが、形を変えて、「男らしい」「仕事のできる人」...キレモノなんかに最
初見えてしまうことが多い傾向があったり、本質的な部分で感じることだけに、理
屈ではなく、ある意味潜在的な部分で惹かれてしまうことでもあるので、とても
たちが悪いですね。

M女性に限らず、 そうして傷ついて、身動きが取れなくなっている女性の心か
らの叫びは、男性ながらも母性を感じます。優しく癒してあげたいと思います。

  1. 2007/06/09(土) 02:12:39|
  2. 理想のご主人様|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

上手く行かない時のパターン

Linzoは気が小さいせいか、なんだかんだ気を使うことも多くて、それはベット
の中でも同じで、気を遣いすぎて失敗することがたまにあります。

例えば、どこが感じるのだろうとか..表情を見ながら、あれこれ考えていると
セックスの興奮というよりも、お医者様の検診みたいになってしまって、真面目
にどうやったら逝くかなというのを、何か義務感に追われるようにプレッシャー
を感じてしまい、いざ挿入の時に立たなかったり...そういうパターンです。

見つめなおして考えてみると、かっこつけている時に多いかもしれないです。

かっこつけてるだけで、本当には気持ちが通じ合っていないから、相手も同じよ
うに手探りで、どう感じていいかわからない...そんな状況に追い込んでしま
ったりするとき、同じように女性の方も、濡れなくて、なんとなく気を使わなけ
ればいけないので、感じているそぶりとか...

Sの調教師なんて言っていても、そんな童貞の少年のような失敗をすることがあ
るんだから、ちょっと情けないですね。女性の気持ちがわかっていないというか
、もうちょっと器用に立ちまわれるとよいのですが..

でも別にSMとか恋愛に限ったことではないですけど、かっこつけたり、見栄を張
ったりとか、これって裏を返せば自信のなさだったり、普段の努力を怠っていて
焦っているときに、ついつい見せてしまう人間の性(サガ)というか、そういう感情
のひとつなのでしょうね。

大人になって演技力がついて、一見騙せてしまったりはするのでしょうけど、え
てして、そういう時、相手から無理なお願いをされてしまったり、自分が追い込
まれてしまうような事情が自然と舞い込んできたりするもんです。そういう相手
が磁石で引き付けられるように、現れがちな精神状態なのかもしれません。

で、結局は、無理がある話なので、自分も損して相手も結局は損をして...
そういう経験って思いあたったりしませんか?別にかっこ悪くても、普通でいい
と思うのは、そんなような経験則からです。


...続きを読む
  1. 2007/06/03(日) 18:50:56|
  2. 調教ポリシー|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

野外ローター調教の快楽

このブログのアクセスが検索サイトのどのキーワードを経由して見に来ているの
か、アクセス解析の「検索ワード」を見てみたところ以下の通りの結果でした。

リモコンバイブ ← このキーワードが70%以上
ミニスカート
バイブ 調教
マゾ奴隷
露出調教
・・・

予想通りといえば予想通りで、リモコンバイブやミニスカートはタイトルなので
自ずと目立ちますしね。なんとなく面白半分でつけてみたタイトルなのですが、
世の中にこれほど「リモコンバイブ」ファンがいるというのはちょっと驚き(笑)

ちなみに「リモコンバイブ」はよっぽど固定してないとすぐ抜け落ちてしまうし
歩けたもんでもなく、それを使って露出調教をやろうものなら、なんか間抜けな
歩き方にM女性がなってしまって、ばれそうでばれないスリルもへったくれも
なく、ばればれの挙動不審女になってしまうので、かなり興醒め(笑)

というわけでLinzoは、使うとしたら「リモコンローター」を利用します。でも
なにもリモコンにする必要性もさほどなく、普通のローターを使って、スイッチ
を下着の脇にはさんだり、カバンの中に入れてとかでも特に問題はないです。

微妙なタッチでクリトリスに当たるように仕込むと、Mスイッチがオンになって
こんな場所で、淫らに感じていることに、背徳感を覚えつつ、体の芯から感じて
乱れ、Hな顔を晒しながら、喘ぎ声を出して鳴きながらご主人さまに甘えたくも
なり...けれどそんな変態的な行為を周りの人に見破られるわけにもいかず、
必死に我慢せざるを得なくて、でも我慢をすればするほどに感じて、敏感に体が
反応してしまう...

...そんな状況の中、周りの人に、ばれそうでばれない状況なのがいいわけで
、そうしたスリル感とか、ご主人様とM奴隷だけしか知らない秘密の共有という
設定が、妙に興奮したりするのが、リモコン調教の醍醐味というもの。まして
ミニスカートは姿勢を正さないと、スカートの中を覗かれやすいので、余計に緊
張を強いられるのが面白いんです。すらっと伸びた足を眺めるのも、男にとっ
てはたまらないわけで、目の保養にもなりますしね。

  1. 2007/06/01(金) 10:00:00|
  2. 羞恥プレイ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1
| TOP |
close