無料
エロ
動画
nakedcolor Blog 〜 ミニスカートの中はリモコンバイブ
羞恥プレイやアナルプレイが大好きなヒーリング系SM調教師LinzoのプライベートBlog。調教希望を受付中。

リスクを感じたことはありますか?

メッセージをくれた女性から、こういうサイトを運営されていてリスクを感じた
ことはありませんか?という質問を受けました。この質問よくされるのでブログ
でも回答しておきたいと思います。

正直このようなサイトを運営する以上、リスクはやはりあると思います。性的な
面で嗜好性のあう女性と出会える半面、予期しないことやトラブルなどとは背中
合わせなところは確かにあるんだろうなと。

それをコントロールする術はあまりないのですが、唯一このサイトを作成する際
に思ったのが、正直ベースであること、それと誠実であること。この2つです。
半分ポリシーではあるのですが半分護身術でもあります。

類は友を呼ぶ」所って色々な面であると思います。自分のことばかり考えてい
ると、おのずとそういう人が寄ってくるところがあったり、嘘で固めるとそうい
う人が、自然と出会いの中に嘘のある人が現れたり...そうしたことが経験則
で、いや本能的な肌感覚で体験してきました。

なのでサイトの怪しい雰囲気にしたくなかったのと、まあ、ご主人様らしく見ら
れなくともそれはそれでいいかなと、割り切って、ポリシーを通した所がありま
す。

その結果なのかどうかはわかりませんが、悪戯とか冷やかしとかはあまりなく、
告白のメッセージをくれる方は、どの方のまじめな方が多くて、不誠実な方とか
、冷やかし半分の方とかは、あまりいませんでした。とても真面目で異性に対し
ても真剣な方が多いような気がします。

それと影の顔のつもりが、何かがきっかけになって表に出てきてしまったらどう
しよう…とか。そういうのも心配の一つには確かにありますが、秘密を洩らすよ
うな方は全くいませんね。


恋愛は甘美な面がある反面で、残酷さも併せ持っていますよね。。SMにしたって
、表裏一体で、満たされる思いでいぱいになれる時もあれば、不安な気持ちに支
配されてしまうことだってあります。

ただ「心配」というのはそれこそ挙げたらきりがありません。でも心配そのもの
は、何の意味もないことと思っており、なるようになれといったところでしょう
か..

あまり自分が自分がと「我」を張らず、相手あってのことと考えて、その身を委
ねる。そんな感じだとうまくいくことが多いように思います。



  1. 2007/07/26(木) 21:22:31|
  2. SMコラム|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

関係を焦ってしまう心理

ネットを通じた出会いに限ったことではありませんが、往々にして「関係を焦っ
てしまう」ということが、あると思うんですよね。それは勿論私にもあります。
理由を紐解くと、それは「不安な心理」からかもしれません。

当然ながらネットを通じた出会いは、相手が見えないわけで、コンタクトは唯一
Eメールのみ。書いたメールに対して、相手がどう思ったのか「不安」に思った
りすることだってあります。

写真をメールで交換したり、初めて出会って実際に互いの容姿を確認し合った時
も、よっぽどの自信家なら別でしょうけど、ご主人様が(またはM女性が)自分
を気にってくれるんだろうかとか、相手の好みの自分なのか不安を抱いたりなん
ていうのは、当たり前のように抱く心理だと思います。

経験がない女性は不安が先立つので、安心がないと先に進めませんよね。経験が
あったとしても、最も隠すべく秘密の性癖に対して、すぐに無防備にさらけ出す
勇気は早々持てるものではないですしね。それは私も同じですからよくわかりま
す。

そうしたことを経て、実際に出会って、いざ体の関係を持つシチュエーションに
なったとしても、それはそれでドキドキする瞬間の連続で、相手が自分の求めて
いるセックス(あるいはSM調教)で果たして満足してくれるのかなとか...
どうやったら受け入れてくれて、性的に満たされていくようにしてあげれるだろ
うとか...S男性はあれこれと思案します。

またM女性は、自分の身体を見られて、女性としての魅力を受け入れてもらえる
だろうかとか、緊張の中でどこまで自分の本性をさらけ出しても平気なんだろう
か...とか、相手を受け入れる勇気がもてるように葛藤したりすることもある
んだと思います。

とくにSMって、セックス以上に嗜好性が出るので、SとMだからといっても、
その微妙な独自のフェチ(エロに対するこだわりの部分)が、互いに求めている
ことで、一致するのかどうかも、とてもナイーブな問題ですしね。


...続きを読む
  1. 2007/07/10(火) 21:14:04|
  2. SMの心理学|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

探り当てるのは結構大変

M女性にとって一番の悩みは「理想のご主人様と出会えない」ってことではない
ですか?

これはS男性にとっても悩みの一つではありますが、Sというのは相手によって
責め方を変えていけるので、さほど深刻でもないやもしれません。

M女性にとって理想のご主人様に出会うということは大問題で、それは何故かと
いうと、理想のご主人様はイコール「自分の性癖を満たしてくれる人」なわけで
、M女性の性癖というのは、それこそ千差万別で、完璧に満たされているという
人は本当に少ないのが現状なんじゃあないかと...そういう理由です。

マゾというのは実際に身体に受ける刺激を快感と感じる人たちなので、馴れてし
まった刺激には物足りなさを感じてしまいます。そうなるとどうしても要求する
ものは徐々にエスカレートしていきます。ある意味、ぎりぎりの部分を要求して
くるのですが、それに応えられるSはそうそう見つからないでしょう。

もっと深刻なのは、『自分の本当の性癖に気付いていない』人たち。

ノーマルなSEXでは全然物足りないんだけど、自分が何を欲しているのか判っ
ていないのです。それが何かを知りたいという相談を頂くこともあります。

本人にとっては切実な悩みですが、それを探り当てるのは結構大変です。
お話をしている中で大体推測できることもありますが、やはり実際にプレイして
みないと判りません。

ナイーブな部分だけに、自分探しの旅も、険しい山道を登っているかのうように
なることもあるでしょうが、登り切ると(理想の相手が見つかると)、それまで
の悩みや精神的な疲れなど、すべて忘れておつりがくるほどの、パラダイスが
待っていることでしょう。




  1. 2007/07/03(火) 20:35:41|
  2. 理想のご主人様|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
| TOP |
close