無料
エロ
動画
nakedcolor Blog 〜 ミニスカートの中はリモコンバイブ
羞恥プレイやアナルプレイが大好きなヒーリング系SM調教師LinzoのプライベートBlog。調教希望を受付中。

漫画にみるサディズムとマゾヒズム

少年ジャンプ世代なので(笑)何気に漫画は比較的よく読んでいた方です。
(いまはあんまり読まなくなりましたけどねぇ)

スポーツものが多いマガジン、冒険ものが多いジャンプって感じですが、どちらか言えば、ジャンプ派で「北斗の拳」や「ドラゴンボール」とか、「ジョジョの不思議な冒険」とかが連載されてた時が一番漫画を夢中になって読んでましたね。

でもその当時は気付かなかったのですが、反芻して考えてみると人気作家の漫画って日常では考えられない「残忍さ」「猟奇的な」描写やストーリが実際とても数多く散りばめられていて、それが漫画なものだからオブラートに包まれているみたいで気付きにくいんですよ。

北斗の拳なんて大量虐殺の描写が随所に見られるし「お前はもう死んでいる」っていう有名なセリフにしたって悪役は壮絶な死に方をしています。

ドラゴンボールにせよ、ベジータが死ぬ時「お前に殺されるなら本望だ」と吾空に言うんですけど、実際に死ぬときにそんなこと言ったりしないでしょ?

どういうわけか人気のある漫画ほど、そういう残忍さが見られるものの、それが巧妙にそうでもないように思えるように出来ています。

そう考えると、そうした残忍さをベースにしたサディズムや、そうした仕打ちでさえ受け入れているマゾヒズムって、だれしもが本能的に持っているものなのかもしれないなぁと・・・ちょっと思います。

きれいな女性が、捕まって捕虜になって、こんなことも、あんなこともとかのストーリーに興奮を覚える男性って普通にいるわけで、そういう人をサディストとは普通は呼ばないのでしょうけど、潜在的なサディズムってそれくらい本能的で、身近なものなのだって言うことなのでは?

そういう願望を形にしたビデオを作っている方がいるんですが、電人さんといって、羞恥プレイのつぼを押させた素晴らしいビデオを作ってます。これはお薦め。




  ↑↑↑
 ランキングに参加してます。よろしければクリックをお願いします。


  1. 2008/06/27(金) 20:21:50|
  2. SMコラム|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:9

EQテスト/占い

ちょっと遊びでEQテストやってみました。

EQ(Emotional Intelligence Quotient:情動指数)とは心の知能指数と呼ばれ、一般的に自己認知力・自己統制力・共感性・コミュニケーション力・柔軟性・楽観性の6つの観点から測られます。EQの値は一生の間を通じて不変なものではなく、環境・遺伝の双方の影響により、上がりもすれば下がりもします。
で、りんぞうの診断結果はこれでした。先生とかインストラクターに向いてるってことは、ご主人様も向いてるってことでしょうか(笑)。

昔から思うのは、外見的な部分と内面性の違いに、なかなか気づいてくれないというジレンマがあって、こういうテストをやって出る結果と、人からたぶんこう思われているだろうなという感触に、ややギャップを感じます。

一言でいえばスケベでセックスが好きなのに、あまりそういう人に見られたことがないし(むっつりスケベ?)、辛いことや大変な出来事があったとしても、そうした逆境には意外と強いほうなので、多少は悩んだとしても、問題解決して何事もなかったようにふるまうので、能天気な感じに思われたり...

自分のことはさておき、やっぱり見ていて、思っている自分と違うようにとられるのは男性よりも女性の方が多いかも。そういうギャップに悩み、実際真面目に仕事していたり、真面目に学生していたり、主婦や家事手伝いをしていたり、でも本当はスケベでいやらしい...なんて人多いでしょ。

実際は「本当はスケベ」ってぐらいじゃ悩まないですよね。物足りないぐらいなもので...本当に悩むのは、変態的なオナニーで興奮してしまう(バイブを使ったり、異物を挿入したり?)とか、アナルが好きだとか、縛られて苛められてみたいとか、ちょっと人には言えないこと。

よく誤解がちなのは、オナニーの時の妄想が、苛められる系だったり、レイプ系だったりなんて、もし悩んでいるなら、それは違う。そんなの実は誰でもあって、ノーマルな子でもそういう妄想思い浮かべてオナニーしちゃったなんて平気で言います。

やばいのは、SM写真や緊縛写真をみて「胸がキュンとしてしまう」という場合とか、忘れられない映像や画像が、SMプレイの変態的なものだとか。その思いが忘れようと思っても忘れられないほどのものという場合ですね。

特に以前付き合っていた男性としたプレイで、縛られたり、いつもと違う奴隷のような乱暴な扱われ方でセックスをされたのに、それがとても良くて、言葉でも濡れすぎていることをなじられたり、本当はこんなにスケベで淫乱なんだっていわれて変に興奮したり、実際にハンカチで縛られたり、アナルに指を入れられたり、命令されて野外でスカートをめくってパンティーを露出したとか、お尻をさらしてみたとか、そういうちょっとしたプチプレイに凄い興奮を覚える...そういう人が「マゾ資質」なのかな。

でもそれだけでは遊びの延長というか、セックスの延長みたいなもので、本当のSMの快楽には届かないかなぁ。それを本当に得たいなら主と奴隷という「主従関係」がないと駄目。というのがりんぞうの持論です。





  ↑↑↑
 ランキングに参加してます。よろしければクリックをお願いします。



  1. 2008/06/22(日) 22:22:54|
  2. 仮面の告白|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

付き合い方についての考察

今日は交際のパターンについて少し。

こうしたサイトを運営している以前に、リアルの世界でもふりふられを繰
り返してきたので、出会いと別れにも、これまで実に色々なパターンがあ
ったんです。例えば...

・恋愛をして結局プラトニックで終わったことや(ふられた?)
・普通にお付き合いをしてセックスするようになったり(ノーマル?)
・すぐにセックスして、セックスのみのお友達(ちょっと淫ら?)

一度付き合うと長い方でしたね。あまりとっかえひっかえというよりは安
定して長く(1年〜5年ぐらい)付き合う方でした。でもこのサイトを始
めてからは...

・SM調教が目当ての女性に最初からカミングアウトされた上でお付き合
 い(普通にアブノーマル)...
・処女を守りながらもM奴隷として調教して、奉仕プレイを仕込んだり
 (かなりアブノーマル)、

というパターンがこれに加わりました。相手が1回きりなどと割り切って
いる場合もあれば、段々と逢う間隔が長くなってしまって、段々とフェー
ドアウトするパターンもあり、SMのみが目当てというのは、実はあまり長
続きしないのかもしれません。

やはり互いの魅力や普段の表の顔とかを知っていて、根っこの部分で信頼
感があって、オンとオフの両方をともにできる相手が理想と言えば理想で
、裏も表も両方見せられるのっていうのは、実はとても心地よい関係なん
じゃないかって思います。

やはりSMなので、裏社会と申しますか、これまではあまりプライバシーに
は触れないで、野暮なことは聞かないようにと思って、あえてそのように
接してきたところがあるのですが、ちょっと考え方が変わってきました。

それとご主人様としてのみしか存在していない自分というのも、なんか寂
しい気もして本当にこれで良いのかとも思います。なんとなくそれでは信
頼が薄いでしょう?

決して不躾にとか、求められてもいないのに、心の中に土足で入り込むよ
うなことは避けますが、もう少し距離を縮めるべく、心の中や少しプライ
ベートなことも話せる関係でいられるコーディネイトもしていこうと思い
ます。

普段は真面目に働いてますし、胸を張ってこういう仕事してるって、多少
のプライドを持って、地道にやってますしね。自分のことを信頼してつい
てきてくれる人に対しては、あえてそうした一面を隠す必要もないですし
、逆に安心感につながるとも思うので、そうしていこうかなと。また勿論
秘密厳守についてはこれまで通りです。




  ↑↑↑
 ランキングに参加してます。よろしければクリックをお願いします。


  1. 2008/06/18(水) 23:31:59|
  2. 仮面の告白|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

SMへの誤解

今時「SM」という言葉は一般化して、誰でも知っている言葉になってい
ますが、SMの本質についての理解となると、一般的にあまり理解されて
おらず、かなり誤解されて世間に喧伝されてると感じます。

その原因は、さまざまな偏った情報が氾濫していることなのでしょうが、
マスコミが記事にする時って、面白おかしくしなきゃいけない原則がある
のと、一般受けすればOKという部分もあって、表面上の過激とも言える
部分のみを取り出し、面白おかしく表現しがちです。

端的に言えば、常識のない人たちの行為として切り捨てている感じかな。

裸体に緊縛を施したり、ローソクを垂らしたり、体を鞭で打ちすえたり、
アナルに浣腸をしたり...SMって確かに表面上はとっても過激。

でもこういう表面上の技巧の部分は、その内なるものを支えるものであっ
ての話で、その本質ではないですよね?

「いじめたい(サディズム)」と「いじめられたい(マゾヒズム)」とい
う人の持つ本質的な気持ちや、アメと鞭の心理学、主従関係における互い
の絆、そうした純愛的とさえ思える部分があって、初めて成り立つとって
も稀有なものなのに...

思うにSMの本質は、心と心のつながりの部分だと思うのですが世間一般
の人たちにそれが伝わる事はほとんどないですよね。

SMが取り上げられている下らないゴシップ記事を目にするたびにちょっと
残念な気持ちになります。




  ↑↑↑
 ランキングに参加してます。
 応援のクリックをお願いします。


  1. 2008/06/12(木) 13:19:54|
  2. SMコラム|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

自由は担うには重すぎる

SMというのは、なんだかんだ言っても、とっても大変なことで、精神的
にも肉体的にも、とかく限界まで自分を追いつめがち。その中に葛藤もあ
れば自己嫌悪もあり、そして天国のような快楽と、悦び、ぬくもりなど、
アメと鞭の世界なれど、その代償を、知らず知らず支払っているもんだと
思うのです。

心の底から嬉しかったり、満たされることもあれば、もういいやと諦めそ
うになったり、結局だめんだと失望しそうになったり、...テンション
が上がったり下がったりしがちなほど、実際ディープなものなので精神的
に疲れ気味の人も意外に多いのでは?

なので「意欲」をテーマにSM調教を少し考えてみました。

まず意欲を高め、前向きな自分を作るためには、まずは「脳が健康」であ
ることがとても重要で、そのポイントとしては以下の3つなんだとか。
これは調教にも応用できると思うので、ちょっと掘り下げて考えてみま
しょう。

・欲
・好き・嫌い
・ほどよい興奮

M奴隷が頑張れるのって、好きだから。それも確かなんですが、できるこ
とが多くなると自然に「好き」になるのも確か。「欲」を理解して、それ
をベースに進めば、ほどよい興奮とともに、出来ることが次第に増えてき
て「好き」の中で意欲をかきたて、よい循環となれそうです。

でも少し遠い目標があったとして、たとえばアナルセックスができるよう
になるとか、ご主人様の肉便器になるとか、今の私には到底無理だという
ことを、ふとご主人様にいい渡されたとしても、それは5歩ぐらい先にあ
るゴールなわけで、そこに至るための最初の一歩ってなんだろう?って考
えてみるとよいかも。

今できそうな一歩なら、足がすくむのだって押さえられないか?例えば、
アナルセックスが無理にせよ、指をアナルに入れて弄んでくださいとお願
いしてみるとか、お風呂でご主人様の体をあらって奉仕したりしている時
に、ご主人様のオシッコを体にかけてもらうとかね。

それから「誰のために?」っていうのが重要で、ご主人様に喜んでもらい
たいからとか、そういう方がうまくいくイメージがあり、意欲的にもなり
やすいのは確かです。(実感がある人多いのでは?)

「自由は担うには重すぎる」という言葉、誰が言ったのか忘れましたが、
ようは人間の脳は選択肢が無限にあるような状態には耐えられずに、か
えって思考停止に向かってしまうということらしいです。

なるほど確かにそれはあるな。バランスの問題でもあり「自分のために」
が「誰かのため」を上回ってしまっても、かえって不自由を感じつことが
あるし基本的には「誰のために(=ご主人様のため、マゾ奴隷のため)」
を思い浮かべながら、「何をするのか」を決めていった方が楽チンだった
りしませんか?

それがベースにある「欲(=性欲、征服欲、独占欲?)」「好き(=だか
らやる)」「ほどよい興奮(=自分だけで逝かずに一緒に逝こう、気持ち
をゆだねて一体感を大切に)」を満たすSMが一番心地よさそう。



  ↑↑↑
 ランキングに参加してます。
 応援のクリックをお願いします。


  1. 2008/06/06(金) 09:30:26|
  2. SMの心理学|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

貴女の秘めた性癖は?

まだまだ女性の場合、風俗の利用は難しくて、せいぜいがホスト遊びぐら
いでしょうか。まして性欲やフェティシズムを満たすことってそう簡単で
はないと思います。

前に女性向けのソープランドが開店したというニュースを見たことがある
のですが、結局は潰れてしまったと聞きます。理由は人気の集中するソー
プ嬢(いやソープ坊?)の体が持たないんだとか。ユンケルやバイアグラ
では限界もあり、確かにそうかも..(笑)

話がそれましたが、そういうわけで、真面目にSMに興味があってもSM関連
のリンク集やブログサイトを閲覧するだけで、悶々として性欲をもてあま
しているっていう女性は思いのほか多くて、ここに来た女性の中にもそう
いう方がいるんじゃないかなと思います。

実際、このサイトを通じてお会いした女性の中には、自分の秘めた性癖を
さらけ出すということは、普通ではありえないような非日常的な行為だと
言ってましたし、実際私とあって会話をしただけで、何か閊えていたもの
がとれた感じがして、スッキリしたのか帰りがけにはとても明るい表情に
なった人もいました。

風俗でスッキリするわけにもいかないし、かといってこういう嗜好性って
あまり人に言えることじゃないし、カミングアウトなんて絶対無理。傷つ
くだけとわかっている。そうやって一人で悶々としている女性の何か役に
立てないか?そんな気持ちもあります。相談なら気軽にしていただいて、
なるべく、絡まった糸を紐解いて、少し整理していくことで、気持ちが楽
になることもありますから。

でもそういうフレンドリーなお友達は実際多いものの、専属的に調教する
愛奴となると、なかなか難しいのが実情です。残念ですが...

どちらかというと今の嗜好性(というか方針)は、主従関係に重きをおい
て、遊び要素(例えばお試しで調教されたいとか)よりも、真面目に調教
され、末永くつきあいたいという方を待ってます。

そうした姿勢はメールである程度伝わるもので、それは女性にもそうだと
思うので、正面から向き合って、変態的な願望やM奴隷として仕えたいと
いう希望に応じたいと思ってます。

やはりそれだけディープな部分と申しますか、内面の本能的な部分にかか
わって来ることなので、軽く考えてもらいたくはないのです。色々と悩み
、葛藤して、やっとの思いでメールを私にくれるというような、そうした
方のメールの方が嬉しいです。



  ↑↑↑
 ランキングに参加してます。応援のクリックをぜひお願いします。


  1. 2008/06/02(月) 23:38:24|
  2. 調教ポリシー|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
| TOP |
close