無料
エロ
動画
nakedcolor Blog 〜 ミニスカートの中はリモコンバイブ
羞恥プレイやアナルプレイが大好きなヒーリング系SM調教師LinzoのプライベートBlog。調教希望を受付中。

自由は担うには重すぎる

SMというのは、なんだかんだ言っても、とっても大変なことで、精神的
にも肉体的にも、とかく限界まで自分を追いつめがち。その中に葛藤もあ
れば自己嫌悪もあり、そして天国のような快楽と、悦び、ぬくもりなど、
アメと鞭の世界なれど、その代償を、知らず知らず支払っているもんだと
思うのです。

心の底から嬉しかったり、満たされることもあれば、もういいやと諦めそ
うになったり、結局だめんだと失望しそうになったり、...テンション
が上がったり下がったりしがちなほど、実際ディープなものなので精神的
に疲れ気味の人も意外に多いのでは?

なので「意欲」をテーマにSM調教を少し考えてみました。

まず意欲を高め、前向きな自分を作るためには、まずは「脳が健康」であ
ることがとても重要で、そのポイントとしては以下の3つなんだとか。
これは調教にも応用できると思うので、ちょっと掘り下げて考えてみま
しょう。

・欲
・好き・嫌い
・ほどよい興奮

M奴隷が頑張れるのって、好きだから。それも確かなんですが、できるこ
とが多くなると自然に「好き」になるのも確か。「欲」を理解して、それ
をベースに進めば、ほどよい興奮とともに、出来ることが次第に増えてき
て「好き」の中で意欲をかきたて、よい循環となれそうです。

でも少し遠い目標があったとして、たとえばアナルセックスができるよう
になるとか、ご主人様の肉便器になるとか、今の私には到底無理だという
ことを、ふとご主人様にいい渡されたとしても、それは5歩ぐらい先にあ
るゴールなわけで、そこに至るための最初の一歩ってなんだろう?って考
えてみるとよいかも。

今できそうな一歩なら、足がすくむのだって押さえられないか?例えば、
アナルセックスが無理にせよ、指をアナルに入れて弄んでくださいとお願
いしてみるとか、お風呂でご主人様の体をあらって奉仕したりしている時
に、ご主人様のオシッコを体にかけてもらうとかね。

それから「誰のために?」っていうのが重要で、ご主人様に喜んでもらい
たいからとか、そういう方がうまくいくイメージがあり、意欲的にもなり
やすいのは確かです。(実感がある人多いのでは?)

「自由は担うには重すぎる」という言葉、誰が言ったのか忘れましたが、
ようは人間の脳は選択肢が無限にあるような状態には耐えられずに、か
えって思考停止に向かってしまうということらしいです。

なるほど確かにそれはあるな。バランスの問題でもあり「自分のために」
が「誰かのため」を上回ってしまっても、かえって不自由を感じつことが
あるし基本的には「誰のために(=ご主人様のため、マゾ奴隷のため)」
を思い浮かべながら、「何をするのか」を決めていった方が楽チンだった
りしませんか?

それがベースにある「欲(=性欲、征服欲、独占欲?)」「好き(=だか
らやる)」「ほどよい興奮(=自分だけで逝かずに一緒に逝こう、気持ち
をゆだねて一体感を大切に)」を満たすSMが一番心地よさそう。



  ↑↑↑
 ランキングに参加してます。
 応援のクリックをお願いします。


  1. 2008/06/06(金) 09:30:26|
  2. SMの心理学|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
<< 貴女の秘めた性癖は? | TOP | SMへの誤解 >>

コメント

--
アヤさん、コメントありがとう。
よくブログを見てますけど「御主人様好みになりたい」っていう情熱をいつも感じます。
主もまた、厳しいけど、思いやりありそうな人だし、見ててうらやましいです。


  1. 2008/06/07(土) 22:33:37 |
  2. URL |
  3. りんぞう #-
  4. [ 編集]
-そう思います-
私も奴隷になってから初めての事ばかりでした。
痛みにも泣き、アナルに指を入れられるのも初めてだった。
そんな私を根気よく少しづつ成長させてくれました。
自分のためだったら、そんな事できなかったでしょう。
御主人様の為にもっと成長したいと思う気持ちがあったからこそ今の私があるように思えます。
どんどん御主人様好みになりたい、その思いが私を奴隷として進化させてくれます。
やっぱり、好きな人のためなんですよね。
  1. 2008/06/06(金) 21:20:17 |
  2. URL |
  3. アヤです。 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

                                        

<< 貴女の秘めた性癖は? | TOP | SMへの誤解 >>
close